最新記事一覧

ハイビジョンサウンド会議に参加してきました

081016_1932~01.jpg

百式の田口さんが開催された「ハイビジョンサウンド会議 sponsored by NIRO」に参加してきました。

「ハイビジョン時代のサウンドとは?」というテーマで、スピーカーメーカーのNIRO(ニロ)さんが新しく発売された「Q:」を中心にお話を聞いてきました。

なかなか濃い内容で非常に楽しめました。当日聞いたお話を以下にまとめておきます。

■テレビジョンとサウンド


・2008年初頭でテレビの普及台数は1億2000万台
・その27.8%(3300万台)が薄型ハイビジョンのテレビ
・薄型になってスピーカーのスペースが無くなってしまった

■NIROってなに?


・創業10年目
・4年間研究開発のため売り上げ無しだった
・社員は6人
・資本金16億円
・中国の工場で生産
・2003年にNiroが初めてフロントスピーカーだけで5.1chを実現

■フロントスピーカーにかわる「Q:」


・フロントスピーカーはスピーカー1つ
・フロントスピーカーは音がどうしても干渉するという問題がある
・フロントと、サイド・バックを作るスピーカーを分ければどうか。
・テレビの上下に置いて5.1chを作る新しい形
・飛行機が飛べば、頭上の上で音がする360度サウンド
・置く場所、部屋の大きさに関わらず楽しめる
・前に設置しても、後ろから音が流れてくる

■顧客の声を聞く姿勢


・顧客、掲示板の声を聞いて音をどんどん更新する
・プログラム更新が出来るスピーカー
・半年に1度程度、アップグレードメモリーカードで更新できる
・送料2800円だけでいつでも2週間モニターできる。


2週間モニターの制度はいいなと思いました。聞いて満足行かなかったら返品できるのは良いなと。音に偽りがないからこそ、聞いてもらってから買ってもらうというスタンスが出来ているようですね。

説明の後、実際のサウンドのデモを聞きました。

・通常のテレビのスピーカー
・フロントスピーカー
・Q:

という順番で聞かせて頂きました。

まず驚いたのが、通常のテレビのスピーカー。

今のテレビのスピーカーってこれほどまでに良いのかと驚かされました。薄型に搭載されたスピーカーにもかかわらず、5.1chを感じることが出来ました。

その後のフロントスピーカー、さすがにテレビより迫力のある音が楽しめます。聞く前はテレビで十分かと思いましたが、これを聞いたら、その違いを認識しました。

そして「Q:」。これは素直にすごいですね。周りから音が鳴っているという感じを受けることが出来ます。

ちょっと伝わりにくいかもしれませんが、個人的感覚だと「テレビとフロントスピーカーの差」と「フロントスピーカーとQ:の差」が同じくらいに感じました。

つまり通常のテレビのスピーカーをフロントスピーカーに替えたときの感動が、フロントスピーカーからQ:に替えたときにもう一度感じられるという感覚ですね。

通常のテレビのスピーカーを楽しんでいる人が、Q:に変えたらすごいことになりそうです。

もし気になった方は、モニターキャンペーンに応募してみるのも良いかもしれません。関東圏の方なら秋葉原で実際に聞くことが出来るそうです。秋葉原にちょっと寄った際にでもぜひ聞き比べてみてくださいね。

普段こういった聞き分けをする機会がなかったので、非常に楽しい会になりました。

こういった場を提供してくださった、NIRO様、百式の田口さん、ありがとうございました!
posted by 荒木 稔 | 2008年10月17日 | Comment(0) | TrackBack(1) | はてブに追加

[書評]はじめてのPHPプログラミング 基本編

first-PHP.jpg

Do You PHP?の下岡さんよりご献本頂きました。ありがとうございます!




「はじめてのPHPプログラミング」はその名の通り、はじめてPHPを触る向けの書籍です。目次はこちら。

PHPの世界へようこそ
01-01 PHPの世界へようこそ [PHPって?]
01-02 PHPが動作する環境を準備しよう [PHPのインストールと設定]
01-03 PHPの動作確認 [PHPの動作確認]

プログラミングを始めよう
02-01 PHPプログラムのお約束ごと(1) []
02-02 PHPプログラムのお約束ごと(2) [/**/ // エラー ]
02-03 変数 [変数]
02-04 定数 [定数]
02-05 型 [型]
02-06 配列 array [配列を使う(1)]
02-07 計算式を使う [計算 比較]
02-08 論理演算 文字列演算 [計算式を使う(2)]

プログラムの流れを変えよう
03-01 条件分岐 [if]
03-02 複雑なif文 [if else]
03-03 いろいろの条件分岐 [三項演算子とswitch文]
03-04 繰り返す(1) [while do-while]
03-05 繰り返す(2) [for foreach]

いろいろな関数を使ってみよう
04-01 関数とは [関数]
04-02 文字列操作 [文字列 print echo]
04-03 文字列操作(2) [strlen explode substr str_replace]
04-04 日本語文字列操作 [mb_strlen mb_substr mb_convert_kana]
04-05 パターンマッチング [ereg ereg_replace]
04-06 日付と時刻 [date mktime]
04-07 ファイル操作 [fopen fclose]
04-08 ファイルの読み書き [fread fgets feof]
04-09 独自の関数 [function]

クラスを使ってみよう
05-01 クラスとオブジェクト [クラス オブジェクト]
05-02 クラスを使う [class new extends]
05-03 インターフェースと例外 [interface try catch throw]
05-04 SimpleXML [SimpleXML]

効率よく開発するために
06-01 他のプログラムファイルを使う [PEAR ]
06-02 PEARライブラリ [PEARライブラリ]

PHPとWebアプリケーション
07-01 PHPとWebアプリケーション [PHPとApache]
07-02 HTMLとPHPスクリプト [HTMLとPHP]
07-03 クッキー [Cookie]
07-04 PHPによるアクセス認証 [認証]
07-05 PHPでのセッション管理 [セッション]
07-06 PHPとJSON [JSON]
07-07 Webアプリケーションのセキュリティ [セキュリティ]

データベース
08-01 データベース「SQLite」 [SQLite]
08-02 SQL(Structured Query Language) [SQL文]
08-03 PHPからのデータベース操作 [sqlite_open]
08-04 データベースのセキュリティ [SQLインジェクション]

アプリケーションを作ってみよう
09-01 ミニミニブログを作る [ミニミニブログ ]
09-02 ミニミニブログの機能概要 [機能概要]
09-03 ミニミニブログを作ってみよう [ディレクトリ]
09-04 メインページのHTMLを作成する [メインページHTML]
09-05 データベース・テーブルの作成とテストデータの登録 [データベース]
09-06 ミニミニブログ用テーブルについて [データテーブル]
09-07 友達一覧を作る [友達一覧]
09-08 投稿一覧を作る [投稿一覧]
09-09 投稿機能の実装 [投稿機能]
09-10 ページめくり機能を追加する [ページめくり機能]
09-11 ユーザー認証機能の追加 [ユーザー認証]
09-12 友達登録機能を追加する [友達登録機能]
09-13 セキュリティ対策 [セキュリティ]
09-14 リファクタリングする [リファクタリング]




■基礎がしっかりしている


読んで最も大きかったところは「基礎がきっそりしている」というところ。
PHPの良くある書籍では、いきなりWebの話から入ったりしますが、この本でApachやWebの話が出てくるのはなんと7章から。それまでの1〜6章はコマンドラインを中心に基礎をみっちりと教えてくれます。

■PHP5前提


表紙にも書いてありますが、本書はPHP5前提になています。逆に言えばPHP4で書こうと思っている方には適していません。クラス、オブジェクト、インターフェースなど、オブジェクト指向プログラミングを前提としたPHP5を学びたいときに本書は適しています。PHP5.3にきっちり対応しているので安心ですね。

■サンプルはTwitterもどきのプログラムを収録


最終章ではプログラムを実際に作ってみるのですが、それがTwitter(っぽい)サイトを作れるサンプル付き。Twitterのようなサイトを作ってみたいなーと思っている方には嬉しい本になっています。

■セキュリティ、リファクタリングまでバッチリ


通常サンプルプログラムの説明まで終わると、そのままショウが終わりといったことがありますが、初心者として気をつけるべき「セキュリティ」に言及しているのはもちろん、

■注意するところ


表紙に「PHP、Apache、MySQL」と書いてありますが、書籍を見るとデータベースには「SQLite」が使われています。MySQLについては書かれてないので注意が必要です(誤植?)。MySQLに特化して利用する場合は関連書籍を合せて買った方が良いでしょう。

■こんな人にお勧め


この本が一番大きいところは下岡さん(shimooka)、中村さん(cloned)に教えてもらっているような感覚で学べるところ。お二方にPHPを基礎から教えてもらえたらこれほど贅沢なことはありません。

自分が感じた対象読者としては
・初めてPHPをさわる方
・即戦力型の人材育成ではなく、長期にわたって基礎がしっかりした人材を育成したい方
・PHP4ではなくPHP5を前提に学んでいきたい方
・Twitterのようなサイトを気軽に作ってみたい方

といったところです。この条件に合えばかなりマッチした本になっています。かなり基礎がしっかりした骨太な本書、長きに渡ってPHPとつきあっていきたい初めての方にオススメです。



PHPで携帯サイトを作りたい方はあわせてこちらもどうぞ。

PHP×携帯サイト デベロッパーズバイブル
Amazon bookmark with Amab.jp on 08.10.18
ソフトバンククリエイティブ (2008-09-27)
おすすめ度の平均: 5.0
5 ケータイサイト開発者必携の一冊

posted by 荒木 稔 | 2008年10月26日 | Comment(0) | TrackBack(0) | はてブに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。